不動産に関わる全てのトラブル、不安、悩みの解決を目指して

一部の地域を除いて不動産価格は下落し、持ち家貸家に関わらず、空家問題は全国的に深刻な問題となっています。利用していない建物の朽廃は激しく、費用もかさむもの。改築・リフォームをしたところで、賃貸では家賃との費用対効果も見込めず、放置されてしまっているケースも多く見られます。害虫や駆除対象動物、雑草や植栽の越境、またホームレスの侵入、放火に至るまでの事件など、問題は山積しています。
古家を残しても固定資産税等の軽減も無くなり、売却処分の決断も増えています。売却できるところは良いですが、価格ではなく売却が難しいケースも出ています。

合同会社 山﨑不動産相談室また借地借家については、絶えず問題を抱えており、地主家主と不動産に近い立場であっても、この複雑な現在の法律事情を捕らえきれていない状況を多くお見受けします。法律と実務、机上では解決できないことこそが不動産のリアル、それこそが現実です。
地主家主、借地人借家人の誰もが、交渉調整のストレスにさらされています。特に借地契約は20年~30年と非常に長い契約です。地主はできるものなら高く売却して手放したい。子供達も遺してくれるなと言う。借地人は高齢化し年金暮らしの方々が多いため、地代値上げや、来るべき更新料・増改築料・建替え承諾料の準備に備えています。無理の無い範囲での交渉が必要です。

大切な財産が不良債権にならないように

合同会社 山﨑不動産相談室長年にわたって不動産業に関わって参りました。土地(戸建用地・マンション用地・底地)・土地付建物(新築・中古)・中古アパート・マンション(区分)の売却及び購入の契約までの交渉や調整プロセスを、多く、そして深く経験しています。売却に困難な物件客付の成功事例、店子へのネゴシエーションや、売主買主の調整役として人間関係の改善も、見届けて参りました。
困っている人をサポートし続けてきたことはこれまで全ての業務に共通していました。生活を脅かされ窮地に置かれた方が多いにも関わらず、あまりに残念な結果となっているケースもあるようです。不動産借地借家業界、ここに風穴を開け、よりクリーンでwin・winの関係に導けるよう、実務に特化していきたいと思っております。

ご両親の代わりにご相談に来る方も多く

合同会社 山﨑不動産相談室

前述した高齢化問題も深刻であり、早めの対策が重要となっています。相続、後見人、民事信託など、山﨑不動産相談室のネットワークから、多角的にサポートすることが可能です。長年にわたり連携をしてきた士業司法関係は不動産に強い方が大前提です。

不動産に向き合う私たちのエネルギーは、不動産弱者を作らず、誰でもが対等なテーブルにつき、正当に、公平に、交渉をしていきたいと強く思うからこそです。
これまでの経験と人脈から交渉手段をご提案し、皆さまの問題解決に向けてお手伝いして参ります。

思いつめず話すこと、それが解決への第一歩です

合同会社 山﨑不動産相談室不動産は現場での経験が多くの成功に繋がります。机上でなく、また法律の中だけで解決することはほぼ厳しいことと判断できます。
また不動産の問題は一つに絞られることはなく、多義にわたって不安要素、しなければならないことがあります。
混乱した状況をまずは整理し、ご本人が「どうしたいか」そして「何をするべきか」を知り、現状を理解し、全体像を掴むことです。
それには、一つ一つ丁寧に進めて行くことが大切です。まずはお話しするだけでも何かのヒントとなるかもしれません。