Loading
「相続」とは!

「相続」とは!

Ⅰ.「相続」とは

合同会社 山﨑不動産相談室不動産相続の相談窓口~合同会社 山﨑不動産相談室山﨑享子 ズバリ!「相続」を一言で説明するなら、 「相続」を一言で説明するなら、『不動産の扱いを決めること』です。最も注意すべき内容です。 です。最も注意すべき内容です。


Ⅱ.「相続対策は誰に相談するか?」

ズバリ!『不動産のプロ』です!合同会社 山﨑不動産相談室不動産相続の相談窓口~合同会社 山﨑不動産相談室山﨑享子合同会社 山﨑不動産相談室不動産相続の相談窓口~合同会社 山﨑不動産相談室山﨑享子アンケート調査(※)では約半数が「誰に相談したらよいかわからない」、その次が血縁者15%で、約64%は専門家とされる弁護士・司法書士・税理士・銀行・不動産会社には相談されていないという実態です。それぞれ確かに重要な役割を担っています。 税理士は相続税の納税業務、遺産分割協議や紛争となったときには弁護士や司法書士、銀行などは金融資産の管理を業務としています。 しかし、税理士や弁護士、司法書士、金融機関はそもそも不動産のプロではないし、相続発生後にこそ本来業務が発生する人たちです。相続で大事なのは事前準備なのです。相続準備で相談すべき人は不動産のプロです。専門的な知識が不可欠です。大事な不動産の調査や評価、納税のための売却額試算や有効活用の選択肢の比較ができて、さらに建築や取引に精通しているプロに相談しなければなりません。 最近では大手不動産会社が相続相談サービスの展開を始めました。しかし、大手ですから、その対象は一定以上の不動産資産を持った富裕層のみにとどまっています。 ※「相続に関する意識調査」 2014(平成26)年2月8日~16日 有効回答数:2,058名 調査方法:ハイアス・アンド・カンパニー株式会社の運営サイト上でのアンケートにて選択式で回答を得た。

Ⅲ.「トラブルはない!だから相続対策はしない」が8割

合同会社 山﨑不動産相談室不動産相続の相談窓口~合同会社 山﨑不動産相談室山﨑享子相続に際し、もめ事は起こらないと思うかどうかをアンケートで聞いたところ、『起こらないと思う34.4%』、『おそらく起こらないと思う(48.1%)』合わせて約8割強の人たちが、相続トラブルについて楽観的です。 ・相続対策についてはなんと「何もしていない」…81% ・相続対策を何もしていない理由「対策するほどの資産がないから」…52.3% と半数以上になりました。資産が多くないから相続対策はしていない、という方たちが多いのです。 私が受けた過去の相談には、「亡くなったおばあちゃんの口座にあった150万円の貯金をどちらがどれだけ受け取るか」で、兄弟が絶縁する結果になったこともあります。 相続トラブルでいちばん多いのは「遺産分割」です。どの財産を誰が、どれくらい受け継ぐのか、ということでもめるのです。遺す人が決めておくことが重要です。

PAGE TOP